今野 乱視

視力アップ

視力アップをしたいと思っている方はとても少なくないでしょうけど、その中でも何をやると良いのかわからないという人はたくさんいらっしゃるでしょう。視力アップに悩んでいる人は多いのに、視力が良くなる食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)やトレーニング法などの視力アップにつながるような情報は手に入りづらいですよね。

メガネやコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)による視力の矯正の他に、視力アップの方法としては、視力回復トレーニングや視力回復手術等があります。視力アップを考えるのならまず視力が低下した原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を考えてみましょう。視力をアップさせるには、眼を酷使するような生活習慣や生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)スタイルを改めて、眼の健康のために良い食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)を送ることが大切なんです。

視力をあげてしまう方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)としてまず思い浮かぶのはメガネと言われています。メガネ(目が疲れにくいパソコン用のレンズも人気のようです)をかけると確かに視力は上がりますが、身体機能としての視力を回復させるわけではありませんので、視力UPの問題が全て解決した訳ではありません。またメガネの使用方法やかけ始める年齢によっても更に視力が低下することもあります。

メガネに次いで視力アップの道具としてよく使用されているのはコンタクトレンズだと思います。視力アップのためのコンタクトレンズが逆に目のトラブルの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)になってしまわないように、使用する場合には、正しい使用方法や日常のケアを心がけてください。そしてちょっとでも異常を感じたらすぐに専門の眼科医に相談なさって下さい。

視力の回復のサポート

視力アップを目指すのならね、特別なことをする前に、まずは規則正しい生活を心がけるようにしてください。身体によくないことは目にとっても良くないことです。健康的な生活習慣や食生活を心がければ、それだけで目にかかる負担はかなり軽くなると思います。

視力の回復のサポートとして良い環境というのは、まず、好き嫌いなどの偏食をせずにバランスの取れた食事をすることです。それから睡眠は目を休めるというところでとても大切なということになるでしょう。偏食(若いうちは平気でも、年をとるにつれて体に不具合が生じることもあるでしょう)と寝不足は身体にとっても目にとっても良くないことですので、気をつけて生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)してください。

適度な運動をすることも視力アップには大切なことです。外に出ることでリラックスすることができますし、身体を動かすことで血液の循環が良くなって肩こり等が軽減されたり、ストレス発散になったりしますので、健康な身体と健康な眼をキープする為には、ほどほどの運動は必要だと言われているのです。

視力アップの為には、できるだけ暗すぎる照明や明るすぎる照明などといった眼の負担になることは避けた方が良いでしょう。パソコンやゲームも眼を酷使してしまいますのでかなり眼に負担を掛ける事になりますから、適たびに休憩を取って眼を疲れさせないように気をつけて下さい。

 

サイトマップ