目薬 視力回復

目薬で視力回復

ドライアイや疲れ目による視力低下の場合は、目薬(目のための薬以外に、鼻薬ともいわれる賄賂を指す場合もあります)を使うことで視力回復が期待出来るでしょう。しかし、近視、乱視、遠視の場合や何らかの眼の病気によって視力が低下した時には、目薬を点眼しても視力は回復できません。

視力というのは一旦低下し始めると、あっという間に眼鏡やコンタクトレンズがなくては周りが見えないほどまで低下してしまいます。あなたの視力低下の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がわかっている人であれば、目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています)が効果があるか判断できますが、大抵の場合は原因がわからないものです。

原因はよくわからないけれど、近頃目がかすんだり見えにくくなったなと感じた場合には、すぐ眼科を受診するようにするといいかもしれません。

眼病になる前に眼科医に診てもらえば、目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています)で視力回復が可能な可能性が高まるからです。

でも、視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)を目薬によって回復可能な確率はそれほど高くありませんから、あまり期待しない方がいいですね。

極端に下がってしまった視力を回復させる方法としては、手術が一般的な治療方法のようです。

 

サイトマップ