今野 乱視

視力について

近視には、後天性のものが多く、通常幼年期から起こって10代後半や青年期に進行は止まりますが、近頃はパソコン(正式名称は、パーソナルコンピュータで、PCともいいますね。デスクトップ型、タワー型、ラップトップ型、ノートブック型の他、ネットブックやタブレットなどもあります)などの普及により、成人以降も近視が進むことがあります。若い人の遠視で度数の弱い場合は、視力検査でも判らず、本人も特に自覚症状がない場合が多いんです。しかし、年齢を重ねるにつれ徐々に症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出たりします。

乱視というのは物を見たときに、ぶれたり、程度に差はあっても、ぼやけて見えたりする状態です。。乱視の進行がある程度になったのであれね、片眼をつぶっても1つのものが二つ以上にダブって見えるようになります。

老眼は眼のピント調節の老化現象です。遠視と良く間違得られるでしょうが、性質は異なります。メガネを外した方が近くのものが良く見えたりします。

 

サイトマップ