今野 乱視

視力が低下する原因

視力が低下する原因を知っていますか?
視力が低下する原因は、眼筋の緊張んですね。日頃、TVを見たり、長時間パソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)を使用したり、本を読んだりしますよね。そうすることで、目は疲れてしまってます。この目の疲れが眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)と呼ばれているものです。

眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)の他、体の疲れ、ストレスなど、神経が敏感になるような事が原因でも、眼筋は緊張してしまいます。そして、それが視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)につながるのです。そのほかにも、TVを見る際、寝転がってみれね、目が変な感覚にならないのですか?

それは、左右の目の距離に差ができてしまって、変な感覚になるのです。そんな事を繰り返すと、視力が低下していき、加えて、左右の目の視力に差が出てしまうでしょう。ただ、視力がさがったからといって、すぐにコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)や眼鏡を使用しなくても大丈夫です。

少々の視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)なら、改善することもできます。目や体に疲れを感じたり、視力低下に気付いたら、できるだけ遠くの方を見たり、緑を見たりして、目を休ませてあげて下さい。それに、生活習慣を見直して、体にいい生活を送るようにしましょう。

 

サイトマップ