目 食べ物

目にいい食べ物

目によい食べ物、食べ物と言えば最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっています。でも視力が気になる方は、積極的に食べ物にも注意する事が大事。
・ブルーベリー
・レバー
・ほうれん草
これらは、目にいいといわれている食べ物です。基本ですね。
ブルーベリーは、目によい食べ物の代表選手。ブルーベリーのサプリメントも、沢山販売されており、非常に人気があります。ブルーベリーには、目によい成分、アントシアニン(摂取してから二十四時間経つと、その効果はなくなってしまうのだとか)の他、ビタミンA、ビタミンEが豊富に含まれているのです。ブルーベリーとにているカシスも、目に良い食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)だと言えるはずです。

レバーは、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)A、ビタミンB2、ビタミンB12、亜鉛が含まれています。レバーが体にいいことは、みなさんご存知だと思いますが、これらの栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)には、視力回復効果もあるのです。
ほうれん草は、ビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)やルテインという成分が多く含まれているものです。ルテインには、抗酸化作用があるため、目を紫外線から守ってくれるんです。また、ルテインは、年齢と共に少なくなっていくので、ルテインを豊富に含んでいるほうれん草を摂ると良いと言われています。

 

サイトマップ