クロセチン 眼精疲労

クロセチンが眼精疲労に効果

クロセチンは、眼精疲労(眼の病気が原因のこともあるでしょう)の原因である目の筋肉のこりを和らげてくれますから、眼精疲労に効果のあると言われています。眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)は、目の筋肉の周りの血行不良などが起こり、細胞に栄養がいかなくなったり、目を酷使してしまっては目の筋肉の緊張状態が続くので、目の筋肉がこっている状態になって起こります。このような目の筋肉の緊張状態が続いていると、眼精疲労の症状もますます進んでしまってます。

クロセチンには、目の周りの血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)を改善してくれる作用があって、抗酸化作用や抗炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)作用もありますから、これらの作用が目の筋肉に働きかけて目のコリに効くというわけです。

パソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)で仕事をしている方や、デスクワークの多い方、ゲームをする方、いつも目がしょぼついているような方には、効果が高いようです。

眼精疲労(眼の病気が原因のこともあるでしょう)にも効きますが、睡眠障害(夜尿症や睡眠時無呼吸症候群なども含まれます)にも効くようで、その研究も進められていらっしゃるでしょうね。

睡眠障害(夜尿症や睡眠時無呼吸症候群なども含まれます)にも効くのだったら、睡眠不足(睡眠不足が続くと、脳が休むことができないので、過労状態になってしまいます。認知能力が低下したり、太りやすくなってしまったりするでしょう)も改善されて、更に、眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)にも良い効果があるでしょう。

眼精疲労にいい薬

眼精疲労って眼の病気が原因のことも結構あるそうです。そんな場合にいい薬は、眼精疲労に効くと言った効能をうたっている総合ビタミン、つまり体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要がある要素が含まれた錠剤などがあるでしょう。

ビタミンB群って全部で八種類あり、いずれも健康の維持には欠かせない栄養素です。これをを中心としたビタミン剤がいいのかもしれないですね。こういう、眼精疲労(眼の使いすぎだけでなく、ストレスが原因になることもあります)に効くとされているビタミン剤には、眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)の症状緩和の効用が期待できるでしょう。

ビタミンEも配合されているので、血液循環を改善する作用もあり、肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)や首のコリがやわらぐようです。あとは、眼精疲労(眼の使いすぎだけでなく、ストレスが原因になることもあります)に効くとされている漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)もありますよ。

漢方薬は、その方の症状により処方が違ってきますので、必ず漢方の専門医(産婦人科や小児科の医師は不足傾向にあるそうです)にじっくりと相談をしてから処方をしてもらうと良いでしょう。同じ漢方薬でも、体質によっても効き方が全く違ってきますし、全身の健康状態を考慮して服用をしないと効き目は期待できません。

それに、根本的に眼精疲労(眼の病気が原因のこともあるでしょう)を治すとなると、やっぱり生活習慣の改善から取り組む必要があるのです。

眼精疲労(眼の病気が原因のこともあるでしょう)を引き起してしまうような事を避けて、ビタミンB群(全部で八種類あり、いずれも健康の維持には欠かせない栄養素です)配合のビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)剤などで症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和させるようにして、快適な生活を送りてください。

 

サイトマップ