今野 乱視

視力回復乱視

視力回復は乱視の場合、特に症状による個別の対処方法が必要になります。そもそも、乱視とは角膜や水晶体が歪んでしまい、見ているものの像が網膜に届くまでに乱れるという屈折異常のことです。つまり、乱視になってしまった場合、ものがぼやけたり、だぶってみえたりします。

乱視のない人の目が丸いボール(大会などで使うものが規定で決まったいるのならそれと同じものを、そうでなけれね許される範囲で自分に合ったものを使いましょう)なら、乱視の人の目はラグビーボールのような形になってしまっているため、縦横の焦点が合わずに、ものがちゃんとみえなくなるのです。乱視にもいろいろな種類があり、乱視と同時に近視や遠視を併発していることが多いため、その人の症状に合った対処法が必要でしょう。

乱視の程度が軽ければ、メガネを使用することもできますが、あまりにも強い乱視だと、メガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)では矯正しきれません。コンタクトレンズの方が、強い乱視にも対応しているようです。乱視矯正用のコンタクトレンズも作られています。現在、乱視の視力回復に最も有効な手段だといわれているのが、エキシマレーザーでの角膜屈折矯正手術、レーシックです。屈折度数に制限があるため、全部の乱視の視力回復ができるわけではありません。他にも、カスタムレーシック手術で視力回復するという方法もあります。

レーシックなどで乱視矯正手術をしても、多少の乱視が残ってしまったり、乱視が再発してしまうこともあるようですから、思い切った乱視治療を行う前に、ちゃんとした説明を受けて下さい。乱視の視力回復したいからといって、あまりに安い病院などで乱視治療を受けたら、とりかえしのつかないことになる可能性もあります。

 

サイトマップ