日本人 視力

日本人の視力

日本人の視力は、どんどん低下していっているといわれています。平成18年度に文部科学省が発表した調査では、視力が1.0未満の子供が、小学生では3割近く、中学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)では5割以上にのぼっているそうです。

日本人の視力低下(一部が欠けている黒い環のランドルト環によって検査するのが一般的ですね)の原因は、長時間のパソコンの使用やテレビ、ゲームなどの影響、ストレス、野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)不足やカロリーの摂りすぎなどがあげられるでしょう。特に、子供の頃から長い時間ゲームをしていたり、パソコンを使っていると、視力が低下してしまいます。小型ゲーム機や携帯電話なんかも、日本人の視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)の原因のひとつかもしれません。

日本人は視力が悪くなると、メガネをかけたり、コンタクトレンズを使えばいいと簡単に考えがちだからって、強度の近視は網膜剥離などと言った合併症を生じる危険ってあると思います。一度、視力が悪くなると、どんどん低下して言ってしまいますし、特別な努力をしない限りは、視力の回復はありえません。あまりにも視力が低下してしまった場合には、メガネやコンタクトレンズを使う以外の方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を検討する必要があるんです。

日本では、視力が低下してしまっては取れない資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)や就けない職業もあるそうです。メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療なんかの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることが出来ません

 

サイトマップ