今野 乱視

視力回復乱視

視力回復は乱視の場合、特に症状による個別の対処法が必要になります。そもそも、乱視とは角膜や水晶体が歪んでしまい、見ているものの像が網膜(網膜ディスプレイが人気を集めているみたいですね)に届くまでに乱れるという屈折異常のことです。つまり、乱視になると、ものがぼやけたり、だぶってみえたりします。

乱視のない人の目が丸いボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)なら、乱視の人の目はラグビーボールのような形になってしまっているため、縦横の焦点が合わずに、ものがちゃんとみえなくなるのです。乱視にもいろいろな種類があり、乱視とともに近視や遠視を併発していることが多いため、その方の症状に合った対処法が必要でしょう。

乱視の程度が軽ければ、メガネを使用することもできますが、あまりにも強い乱視だと、メガネでは矯正しきれません。コンタクトレンズの方が、強い乱視にも対応していますよね。乱視矯正用のコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)も作られています。現在、乱視の視力回復に最も有効な手段だと言う名前ののが、エキシマレーザーでの角膜屈折矯正手術、レーシックです。

屈折度数に制限があるので、全ての乱視の視力回復が出来るわけではありません。他にも、カスタムレーシック手術で視力回復する方法もあります。レーシックなどで乱視矯正手術をしても、多少の乱視が残ってしまったり、乱視が再発してしまうこともあるみたいですから、思い切った乱視治療をする前に、しっかりとした説明を受けましょう。乱視の視力回復したいからと言っても、あまりに安い病院などで乱視治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を受けると、とりかえしのつかないことになる可能性もあります。

 

サイトマップ